節約術

暑い夏に節約しよう!我慢せずにできる節約術を紹介!

こんにちは、はるまき(@harumaki_blog)です。

最近本格的に夏に入り暑い日が続きますね。

私たちの家でも夜は扇風機でしのいでいたのですが、最近我慢できなくなりクーラーつけっぱなし生活に突入しました。

日中家にいるときもずっと付けているので8月の電気代が怖いです…

 

そこで少しでも家計の負担を減らすため、夏にできる我慢しない節約術を紹介します。

重要なのは我慢せずに出来るというところですね。

夏場の費用が異様に高くなるという方は必見です!

この記事の内容

・夏を快適に過ごすための我慢しない節約術を紹介

・具体的な節約額も計算してみました

夏にできる節約術

エアコンの温度を上げる

夏に大きく上がる費用と言えばエアコン代ですね。

私たちの家庭でもエアコンがなくては生きていけない状態になっています(笑)

 

エアコンの電気代を節約するには温度を上げれば良いと聞きますが、具体的にどれぐらい違うのでしょうか。

経済産業省 資源エネルギー庁の推計によると下記の通り、1度上げるだけで月に約670円も節約できます


経済産業省 資源エネルギー庁 無理のない省エネ節約のページより

 

しかし、温度を下げると言っても限界があります。

許容温度は人それぞれだと思いますが、私の場合28度だと「風呂上りやご飯時はちょっと暑いかな~」という感じです。

そこで次の節約術を併用しましょう。

扇風機やサーキュレーターを併用する

エアコンの温度を上げると同時に、扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させましょう。

空気は高い温度ほど上に、低い温度ほど下にいってしまうことで「温度むら」が出来てしまいます。

また高い温度の空気が上にあることでエアコンがそれを吸い込んで「まだ部屋が冷えていない」と判断してしまい、無駄に冷やそうとして電気代がかさんでしまいます。

扇風機やサーキュレーターで下に固まっている冷たい空気を拡散することで、体感温度も下がりエアコンもより効率的な冷やし方が出来るようになります。

 

でも扇風機やサーキュレーターで電気代がかかったら本末転倒では?

ご心配なく!!

扇風機やサーキュレーターの電気代はエアコンに比べると断然安く、モデルにもよりますが弱モードだと1時間で0.3円程度です。

一日中つけっぱなしにしても7.2円、1ヵ月つけっぱなしでも216円とエアコン比べると断然安いですね。

 

サーキュレーターというと「風量は強いけどごつくて業務用」というイメージがあるかもしれません。

でも最近のはこのような小型で十分な風量の出せるサーキュレーターが出ています。

 

空気を循環させる目的であれば扇風機よりもこちらの方がよいですね。

エアコンの電気代に悩んでいる方は是非サーキュレーターとの併用を試してみてはいかがでしょうか。

マイボトルを持参する

夏の通勤は特に大変ですね。

私も駅から職場まで20分弱歩くのですが、職場についたころはもう汗だくです。

そして職場で毎日お茶やコーヒーを購入して飲んでいるという方も多いと思います。

今の季節だと500mlでは足りず、ペットボトルを2本購入するという方もいるのではないでしょうか。

 

そこでマイボトルを持参すればかなりの節約になります。

試しにマイボトルで1ヵ月に節約できる金額を計算してみましょう。

前提としてペットボトル派の方は1日500mlのペットボトルを1本購入、マイボトル派の方は麦茶を沸かして毎日持っていくことにします。

余談ですが熱中症対策には麦茶が最適です。

熱中症を防ぐにはミネラルを多くとって血液をサラサラにする必要があるのですが、麦茶はお茶のなかで一番多くミネラルを含んでいます。

私達は最近この麦茶を沸かしています。54個入って約200円とコスパは最強ですね!

 

余談が長くなりましたが、費用計算に移りましょう。

マイボトル派に必要な費用はティーバック代と沸かすのに必要なガス代です。

ティーバックは一つで大体1Lの麦茶を作ることができ、158円で54個ティーバックが入っているので、1Lあたりのティーバック代は158円÷54=約2.9円とします。

ガス代は1Lあたり約2円ぐらいです。水は1Lであればほぼお金はかかりませんね。

つまりマイボトルの場合1Lで約4.9円の費用がかかります。

1ヵ月毎日500ml飲むのであれば、500ml×20営業日=10Lで、マイボトル派は1ヵ月当たり約49円しかかからないということになります。

 

一方ペットボトル派は1日500mlのペットボトルを1本購入するという前提で、150円×20営業日=1ヵ月当たり3,000円の飲み物代がかかります。

つまりマイボトルにするだけで月に2,950円の節約となるのです。

節約の第一歩は固定費を削減することからです。

飲料代は完全になくすことは出来ないと思いますし、月々約3,000円でも年間で見ると約36,000円の削減にもなります。

 

またマイボトルにすることで節約以外のメリットもあります。

私は下記のサーモスの水筒を使っているのですが、お茶が全然ぬるくなりません!

 

今日も朝に入れた氷が夕方まで溶けずにキンキンに冷えていたのにはびっくりしました。

暑い夏にはとてもありがたいですね

毎日職場でペットボトルを買っているという方は是非ご検討ください♪

まとめ

夏に使える節約術をいくつか紹介してきました。

節約の基本は我慢をせずに費用を削減することですね。

我慢する節約は必ずどこかで嫌になって辞めてしまいます。

今ある生活水準を下げずに費用削減できる方法がないかを探してみましょう。

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!

ランキング参加しています。この記事が気に入った方は是非ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


金融・投資ランキング