投資結果報告

2021年9月の米国株損益状況報告【全体相場は下降トレンドか】

この記事では私が運用している米国株の2021年9月投資結果報告をしています。

9月はASANが引き続き躍進し年初来のパフォーマンスは47%を達成しました!

そんな9月の投資結果報告をどうぞ!

9月の市況振り返り

9月のダウ平均推移は以下の通りでした。

※本記事のチャートはすべてTradingViewより作成しています

9月は全体的に右肩下がりの推移でした。。

うーんやはり経済活動が再開するにあたり、これまでの金融緩和が終わるのではないかというテーパリング議論が株価の重しになっている気がしますね。

特に引き締めのための金利上昇は私がメインで投資しているハイテク株にかなり影響してきますので、今後の方向性に注意したいところです。

場合によっては今のハイテクに寄せたポートフォリオも組み直しが必要かもしれません。

現在の米国株損益状況を公開

現在の米国株ポートフォリオ

ではここからは私の米国株損益報告に移ります。

9月末時点の損益状況は以下の通りでした。

前月比+8.1%、年初来では+47.7%と上々の結果となっております。

全体相場が軟調にもかかわらずここまでの成績が出せているのはメインを張っている$ASANの快進撃が大きいです。

直近調整してはいますが、それでも前月末から比べて+30%程度上昇しています。

以下は私がまとめているハイテクグロース株のバブルチャートです。

成長性・PSRで評価すると多少割高感はありますが、このペースで成長できるならまだまだ青天井銘柄として期待できそうです。

ポートフォリオバランス

ポートフォリオのバランスはこんな感じ。

ASANが急上昇したこともあってポートフォリオの約3分の1とかなりの割合を占めています。

ハイテク株が叩き売られる展開がもし来るとするなら今のポートフォリオは大きなダメージを受けることになるので対策が必要ですね。

まとめ

全体相場が下げ基調になってきました。マイポートフォリオは指数に比べるとかなり良いパフォーマンスを出せていますが、それも今後暴落が来た時にどうなるか分かりません。

特に10月は過去の経験から暴落が多い月となっているため、もしその時が来ても慌てずに粛々と対応していきたいですね。

↓コロナショックで私が得た教訓です。いつ暴落が来ても良いように記事は定期的に見返しておきたい…!

数十年に一度の歴史的暴落から学んだ3つの教訓2月の下旬から始まったコロナウィルスの感染拡大による株価暴落ですが、日経平均は16,000円台前半まで下がるなどリーマンショックに次ぐ下...

 

ブログ村にも参加しています。ぽちっと応援のほどお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!