投資結果報告

2021年10月の米国株損益状況報告【年初来+70%突破!】

この記事では私が運用している米国株の2021年10月投資結果報告をしています。

10月は保有株が引き続き続伸し年初来のパフォーマンスは+70%を突破しました

そんな10月の投資結果報告をどうぞ!

10月の市況振り返り

10月のダウ平均推移は以下の通りでした。

※本記事のチャートはすべてTradingViewより作成しています

いや~強いですね。9月はテーパリング議論の再開でこれまで続いた金融緩和相場が終焉を迎えるのかと思うほどの下落でしたが、10月になって株価は復調しています。

ダウ、ナスダックともに史上最高値を更新するレベルまで上がってきており、本当に下がっても不死鳥のように舞い戻ってきますね。

好調な米国株の一方で日経は岸田政権誕生からパッとしない値動き、、

「まだ日本株で消耗してるの?」と言われても言い返せないほど、米国株だけ握っていれば良い相場状況となっています。

現在の米国株損益状況を公開

現在の米国株ポートフォリオ

ではここからは私の米国株損益報告に移ります。

10月末時点の損益状況は以下の通りでした。

前月比+15.3%、年初来では+70.3%という結果となっております。

いやもうほんとこの強さは何なんでしょう。保有株で一番大きな割合を占めるASANなんかはこの半年の間に買値から5倍以上になっています。

有名な投資家のCISさんの格言に「上がる株は上がり続け、下がる株は下がり続ける」というものがありますが、本当にその通りだと思います。

変に下落トレンドの銘柄の底当てをせずに、上がっている銘柄をシナリオが崩れない限り保有するというのが一番勝率が高そうですね。

 

一方でピンタレストはこの一ヵ月で乱高下しています。

一時60ドルを超えて急上昇していたのが、今では上がる前の株価を割り込むほどのオーバーキル。要因となったのは以下のペイパルによる買収のうわさのようです。

ニュースに踊らされて高値で買ってしまった人はこの下落で大損という結果に。短期的な投資(投機)がいかに難しいかが思い知らされますね。

まとめ

米国市場が好調な中、マイポートフォリオも年初来70%越えと過去にないほどの快進撃を続けています。

しかし、米国株はここから決算シーズン。

銘柄のウェイトが結構偏ってきているので、決算暴落の一撃で大きくパフォーマンスが低下する可能性も大いにあります。

”含み益は利確するまで幻”という言葉を胸に、あまり浮かれないようにして今年残りの2ヵ月を過ごしたいと思います。

 

ブログ村にも参加しています。ぽちっと応援のほどお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!