投資初心者向け

【期間延長?】投資初心者はつみたてNISAから始めるべき3つの理由

「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、金融庁が2018年1月から始めた「つみたてNISA」ですが、この度投資期限を延長する案がニュースで報道されました。

 

これまでのつみたてNISAは2018年~2037年限定で、これからつみたてNISAを始める方は最長20年の非課税期間を最大限に活用できないという問題がありました。

この法案が通ればこれからつみたてNISAを始める人も20年の非課税期間の恩恵をフルで受けることが出来るようになります。

 

これから投資を始めたいと思っている方の中には、まず何を買うべきか迷っている方も多いと思います。

もし私が「投資初心者が最初に買うべきものは」と聞かれれば、「つみたてNISAで米国株投信を積み立てなさい」と即答するでしょう(笑)

今回はつみたてNISAが投資初心者におすすめな理由を3つ紹介していきます。

つみたてNISAの概要

まずはつみたてNISAの概要です。

金融庁のホームページで詳しくまとめられていますが、ざっくりした特徴は以下の点が挙げられます。

つみたてNISAの特徴

・最長20年にわたって分配金や売却益が非課税

・投資限度額は毎年40万円

・一定の基準を満たした投資信託のみ購入可能

すでにNISAという制度が2014年から開始していますが、それと大きく違うのは非課税期間の長さです。

NISAでは最長5年間だった非課税期間が、つみたてNISAでは最長20年間にわたって売却益が非課税になります。

ただし投資限度額はNISAの年間120万円より少なく、年間最大40万円までです。

まさに長期間こつこつ投資する人のための制度と言えますね!

 

またNISAでは個別株の購入も可能でしたが、つみたてNISAでは投資信託のみが対象です。

その投資信託も信託報酬は一定水準以下(国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)などの金融庁が定めた基準があり、初心者でも安心して選べるラインナップとなっています。

 

ではなぜつみたてNISAが投資初心者におすすめなのでしょうか。

ここからは初心者がつみたてNISAを始めるメリットを3つ紹介します。

投資初心者がつみたてNISAを始めるメリット

①深い投資知識がなくても始められる

まず一つ目のメリットとして挙げるのは、つみたてNISAを始める上で深い投資知識は不要ということです。

本格的に株などの投資を始めようと思ったら、口座開設以外にも銘柄分析のやり方やチャート分析など様々な投資に関する勉強をする必要があります。

しかもそれだけ頑張って勉強しても、投資の世界では個人投資家の7割は負けると言われています。

 

一方でつみたてNISAでは投資に関する深い知識は必要ありません。

口座を開設して、買い付ける投資信託と買い付け額を設定すれば、あとは寝てるだけでも立派な投資家になれます!

ほったらかし投資については以下の記事参照

すぼらな人でも大丈夫!ほったらかし投資のすゝめ投資に興味はあるけど難しいことはよく分からないし…という人には「ほったらかし投資」がおすすめです!この記事ではほったらかし投資の魅力や実際のやり方について紹介していきます。...

インデックス投資であれば平均年利5%は期待できるので、それだけでも7割の個人投資家に勝つことが出来ますね(笑)

②市場の上げ下げを気にせず投資できる

株式市場に投資する以上、暴落を避けることは不可能です。

個別株をやっている人の中には市場の暴落に巻き込まれて退場を余儀なくされたという人もいると思います。

 

つみたてNISAにおいても暴落は無関係ではなく、市場がクラッシュした時はそれなりに資産が目減りすることもあるでしょう。

しかし、長期投資において暴落はそれほど大きな障害ではありません。

以下はリーマンショックが起こる前と起こった後、それぞれのタイミングで積立投資を始めた際の損益推移です。

青の線がリーマンショック前(2007年)、オレンジの線がリーマンショック後(2009年)から積立投資を始めたグラフです。

2007年から積立投資を始めた場合、リーマンショックが発生した2009年こそ損益が大きく落ち込んでいますが、現在まで投資を続けていればリーマンショック後に積立投資を始めたケースより多くの利益が出ていることが分かります。

これはリーマンショックの落ち込み時にも買い付けを行い、着実に元本を増やすことで最終的には大きな利益につながるということを表しています。

暴落を気にしなくて良いというのはメンタル的にも安心ですね

このグラフの詳細が知りたい方は以下の記事を読んでみてください。

投資を始めるタイミングはいつが良い?【長期投資なら今すぐ始めよう】これから投資を始める人にとって、いつから開始するかって結構重大な問題ですよね。 みなさん投資を始めるタイミングっていつが良いと思い...

③優秀な投資信託のラインナップ

これはつみたてNISAの特徴にも上げたことですが、初心者でも安心して選べるようにつみたてNISAで買える投資信託には一定の基準が設けられています。

投資信託の中には信託報酬(手数料)を2%近く取る割に、リターンはほぼマイナスという悪徳な投資信託も存在します。

つみたてNISAで買える投資信託にはそれらの悪徳な投資信託は含まれていません。

 

中でも私がおすすめしたい投資信託は以下の通り。

つみたてNISAでおすすめの投資信託

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

・楽天・全米株式インデックス・ファンド

・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

上の二つは米国のインデックスに連動する投資信託です。やはり個人的には日本よりも米国のインデックス連動型投資信託をおすすめします。

なぜ日本より米国なのか。

それは以下のチャートを見ていただければわかると思います。

基本的に日経平均よりもダウ平均の方がパフォーマンスは高いです。

特に2018年においては日経平均がダウ平均のパフォーマンスを上回ったことが一度もありません。

日本国民としては遺憾ですが、今後の成長性を考えても日本より米国に投資した方が幸せになれる可能性は高いと考えています。

 

3つ目については株だけでなく債券やREIT(不動産投資信託)など他の資産にも均等に投資できる投資信託です。

景気後退が観測される現在においては、この辺りの投資信託も選択肢に入ってくるでしょう。

まとめ

つみたてNISAは少額かつ長期投資が前提となるため、自然と基礎を抑えた投資が実現できます。

個別株だとどれだけ自信があっても需給の関係で急落する可能性は十分ありますし、初心者に胸を張っておすすめできるのはやはりつみたてNISAの投資信託だと思います。

つみたてNISAをやってみて、より投資に興味が沸いたのなら個別株の世界に入ってみるなど、そこから先は個人の自由ですね。

つみたてNISAをきっかけにより投資に関心のある人が増えることを願っています!

関連記事

積立投資にも注意点があります。

積立投資をやりたいと思ったら以下の記事は是非読んでおきましょう。

積立投資を始める前に読んでほしい3つの注意点老後2,000万円問題で証券口座を開設している方が増えているようです。積立投資を始めれば毎年雪だるま式に着実に利益が増えていくと考えている方も多いのではないでしょうか。この記事では積立投資で失敗しないために最初に注意してもらいたい3つのポイントを解説します。...

この記事が良いなと思ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!