投資初心者向け

【買い忘れはない?】NISAにおすすめな株・投資信託を紹介

今年もいよいよ12月に入り、もう残り少なくなってきましたね。

年末は大掃除に忘年会など大忙しなことが多いですが、投資に関しては年末までにやっておきたいことがあります。

そう、NISA枠の使い忘れがないかの確認です。

今回は「今年のNISA,つみたてNISA枠がまだ余っているけど何を買ったらいいか分からない!」という方向けに、長期保有におすすめな株や投資信託を紹介していきます。

NISAの制度をおさらい

本題に入る前にNISA、つみたてNISAの制度をおさらいしておきましょう。

NISAについて

NISAは2014年1月にスタートした個人投資家向けの税制優遇措置です。

年間最大120万円までの株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税となり、購入した銘柄や投資信託は5年間まで非課税となります。また一度使った枠はそれを売却しても復活することはありません。

年を跨ぐと使いきれなかった非課税枠は持ち越すことが出来ないので、買いたい銘柄があれば年内に購入するのが吉です。

全部使い切る必要はないですが、デメリットはほぼないので欲しい銘柄は買っておきましょう

 

現在のところNISAの制度は2023年までで終了となる予定です。

ただ2020年の税制改正でつみたてNISAと共にNISAの期限も延長することが考案されています。

改正後のイメージは下記のとおりで、これまでは年間120万円の非課税額でしたが改正案では今まで通り株式投資等に使える枠が102万円、つみたてNISA対象の低リスク商品の積立で20万円となんだかややこしい仕組みになっています。

参照:【図解・政治】税制改正大綱・NISA改正のイメージ

貯蓄から投資への促進制度なので、仕組みをややこしくするのはいかがなものかと…。しかもジュニアNISAは23年で終了らしいですね。

つみたてNISAについて

つみたてNISAは2018年1月からスタートした制度で、通常のNISAが5年間の非課税期間なのに対してつみたてNISAは20年間の非課税期間があります。

対象商品は金融庁が定めた長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託で、年間の最大投資額は40万円となっています。

一般NISAより上限は低いですが、その分非課税期間が長いので薄く長くって感じですね。

 

投資のややこしいあれこれを気にせず、毎月少しずつ貯金を投資に回していきたいという方にはつみたてNISAが最適です。

こちらも非課税枠を翌年に持ち越すことが出来ないので、もし使い切っていない枠があれば12月に少し多めに積み立てるのも良いと思います。

約定日と受渡日に注意

NISAやつみたてNISAを年末に買う際に1つ注意点があります。

年内ぎりぎりにNISAで株を買う場合、受渡日に注意する必要があります。

2019年の市場は12月30日まで開いていますが、もし12月30日に個別株を買ってもその株券の受け渡しは翌年に持ち越されるため、翌年分のNISA枠が減らされてしまいます。

参照:マネックス証券 年末年始によくあるお問合せ

もし2019年分のNISA枠で日本株を買いたい場合は、年内の受け渡しに間に合うよう12月26日までに買い付けを行う必要があります。

投資信託はファンドごとに買付~受け渡しまでの期間が違うのでそれぞれ確認してみてくださいね

NISAにおすすめの株

おまたせしました!制度のおさらいが終わったところでNISA,つみたてNISAそれぞれにおすすめの株と投資信託を紹介していきます。

一度売却すると利用限度枠は戻らないので、NISAではがんがん売買するのでなく長期投資が基本となります。

高配当株

長期保有でおすすめなのが何といっても高配当株ですね。

Yahoo!ファイナンスの高配当株ランキングを見ると、配当利回りが5%を上回る企業がたくさん出てきます。

参照元:Yahoo!ファイナンス 配当利回り(予想)ランキング

NISAでは配当も非課税の対象となるため、通常であれば20%近く税金で持っていかれるのですがそれが免除されます。

毎年1万円の配当がもらえるとしても、年間で2,000円、5年間保有すれば1万円お得になる計算ですね♪

ただし配当利回りの高い銘柄はそれだけいわくつきであることも多いです。

高配当株を買うときは以下の点に注意しましょう。

・事業は成長しているか
⇒Y to Yの売上・成長率を確認

・株価が下落した末の高配当になっていないか
⇒チャートを確認

・財務に問題はないか(無理して高配当を出していないか)
⇒配当性向、自己資本比率を確認

割安株

長期で確実に利益を狙うのであれば、本来の企業価値と比べて割安で放置されている割安株を狙うのも良いです。

市場の暴落にも強く企業の業績が悪化しない限りは将来的な値上がり益が狙えます。

割安株を選ぶ基準はいくつかあるのですが、過去に記事を書いているのでこちらを参考にしていただければと思います。

投資の神様バフェットも愛用!割安株の見つけ方を紹介投資の神様ウォーレン・バフェット氏は割安株の投資家として知られています。割安株はリスクも低く、正当に評価されれば将来的な株価の上昇も見込めます。この記事では割安株の見つけ方を解説していきます!...

銘柄研究も株式投資の醍醐味ですね。つみたてNISAでは味わえない株の世界に是非踏み込んでみてください!

米国株

長期投資が前提であれば、日本株よりも米国株の方がリスクが低く成長性も高いです。

リスクが高いと言われている成長株でも、AmazonやMicrosoftなど手堅い所に投資しておけばそれほど下振れることもないと思われます。

少なくとも日本の成長企業よりは安心して投資できますね(笑)

私も昨年から米国株投資を始めているので良かったらこちらもご覧ください。

米国株を始めて1年目の損益状況を公開【2019年11月末】早いもので今年ももう12月ですね!みなさんやり残したことはないでしょうか? 私は無事結婚式も大成功に終わり、あとは年末に向けて身を...

つみたてNISAにおすすめの投資信託

つづいてつみたてNISAにおすすめの投資信託をご紹介します。

「投資信託なんて有名なやつ買っとけばいいんじゃないの?」と思われがちですが、ファンドによって全然パフォーマンスが違います。

 

もし経済指標と連動するインデックスファンドを買うのなら、日本市場に連動する投資信託より米国に連動するものを積み立てましょう。

理由は以下のグラフを見てもらえれば明らかだと思います。

1995年から比べると5倍近くのパフォーマンスの差があるのですね。

今後を考えても少子高齢化でどんどん税金負担が重くなり、消費が停滞していく日本よりかは世界の中心で未だガンガン経済成長している米国に投資した方が投資としては正解だと思います。

 

米国インデックス連動の投資信託は例えば以下のものがあります。

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

・楽天・全米株式インデックス・ファンド

ただし安全度の高い米国インデックスとはいえ、資産が株に偏っているためリスクが低いとは言えないのは確かです。

そんな時は「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」のような株以外にも分散投資できる投資信託もおすすめです。

まとめ

NISAやつみたてNISAにおすすめな長期投資できる株・投資信託を紹介しました。

私は一般NISAで毎年ほぼ限度額いっぱいまで買い付けを行っていますが、どちらかというと高配当株を中心にポートフォリオを組んでいます。

20%の税金が免除されるメリットは個人投資家には非常に大きいです!

是非この制度を有効に活用してこつこつ資産形成していきましょう♪

 

関連記事

投資を始めるならつみたてNISAから。つみたてNISAをおすすめするポイントを紹介しています。

【期間延長?】投資初心者はつみたてNISAから始めるべき3つの理由「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、金融庁が2018年1月から始めた「つみたてNISA」ですが、この度投資期限を延長する案がニュースで...

この記事が良いなと思ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

こちらは投資ブロガーさんの情報が集まっているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!