投資初心者向け

なぜ日本人には投資が浸透しないのか?

私は5年前の25歳の頃から投資を始めたのですが、職場で投資の話題になったことは一度もありません。

日常生活でも周りに投資について話せる人はおらず、唯一大学時代の友人で一人だけ最近投資を始めたという人がいたぐらいです。

 

twitterでは投資に関心のある方が多いですが、現実世界で投資をやっている人ってまだまだ少ないのが現状だと思います。

今回はなぜ日本人にこれほどまで投資が浸透していないのか、その理由について考えてみました。

貯金好きな日本人の実態

昔から日本人は貯金好きと言われています。

実際にアメリカ人との違いを数値で見てみましょう。

 

こちらは2018年度のアメリカ人の貯蓄内訳です。

株式や投資信託を合わせると貯蓄の48%を投資に回していることが分かりますね。それに比べて現金・預金として手元に置いているのは13%しかありません。

では次に日本人の貯蓄内訳を見てみましょう。

こちらは家計調査から持ってきたので若干項目が変わっていますが、投資にあたる有価証券の割合は何と貯蓄の13%しかありません。

それに対して通常口座への預金と定期預金を合わせた現預金率は64%にものぼります。

アメリカ人に比べて投資に回している割合は何と3分の1!日本人貯金好きすぎですよね~

なぜ国によってこんなにも違いが出るのでしょうか?

日本人に投資が浸透しないワケ

ここからはなぜこれほどまでに日本人に投資が浸透していないのかを考えます。

リスクを極端に嫌う性格

投資が敬遠される理由の一つには、日本人のリスクを極端に嫌う性格が起因していると思います。

日本人は基本的に事なかれ主義です。普通の学生生活を送り、無難に就職し、会社のレールの上で人並みの幸せな生活がおくれればそれで良いという人が大半でしょう。

そのためリスクをとって事業を立ち上げたり、投資を始めたりすることに対してはネガティブなイメージを持たれます。

 

特に投資については投資=ギャンブルという風潮が未だに残っている気がします。

何かを得るためには相応のリスクが必要ですが、そのことを理解せずに批判する人も日本人には多い印象です。

投資や事業で成功している人は単に運だけでなく、それ相応のリスクを覚悟して努力を積み重ね上で今があるのです。

それを「あの人は楽してお金を儲けてる」と批判するのは本質を理解していないと言えますね。

 

しかも今や普通に働くだけでは老後も安心して暮らせない時代になってきています。

今まで批判ばかりで何も踏み出さなかった人も、これからはそうも言ってられません。

今一度リスクに対する考え方を改める必要があるのではないでしょうか。

リスクを嫌う割になぜかパチンコや競馬はなくならないよね

学校教育で投資を教えていない

日本人のリスクを嫌う性格以外にも、根本的に金融知識が浅いということが挙げられます。

これは興味があるない以前に、学校教育で投資を扱わないため基本的な知識が身に付いていないということだと思います。

 

アメリカやイギリスでは小学生の頃からクレジットカードや株式会社の仕組みなどお金に関する知識を教えているそうです。また一方的に教えるのでなく投資シミュレーションや新聞を元に議論したりするんだとか。

これに対して日本の教育は基本的に用語を覚えさせるのが目的になっており、投資に関する授業もほとんどありません。

 

私の個人的な経験では中学校の頃に先生の計らいで投資シミュレーションをしたことがありました。

その時は新聞の株価一覧ページを広げて、めちゃくちゃ細かい字で書かれてる企業一覧から好きな企業を見つけていた記憶があります。

この体験があったからこそ、大人になって株式投資も抵抗なく始められたのかもしれません。

子どもの頃の経験って、大人になってからの行動に大きく影響しますよね。

これまでの株式市場の停滞

そもそもこれほどまでに日本人がリスク嫌いになったり、教育に投資が取り入れられていない原因は、これまでの日経平均の動きにもあります。

以下はバブル崩壊後の日経平均とダウ平均の推移です。

バブル崩壊後、日本は悪魔の民主党政権による「失われた10年」という時代を経験しました。

今管理職にある大人たちが大体50歳前後と考えると、働き盛りである30歳ごろから現在までずっと不調な株式市場を見てきたことでしょう。

その経験から「投資とは損をするもの」という印象が強くなり、それが子の世代まで伝わっているのかもしれません。

 

しかしこれからの時代に以前の株価推移なんて関係ありませんし、今は米国株も気軽に買える時代になっています。

上に立つ人もどんどん現代思考の方が増えてくると思うので、学校教育にも投資の授業が組み込まれて正しい知識が身に付けられるようになれば良いですね。

まとめ

日本人は投資嫌いというのは客観的なデータを見ても明らかですが、最近は徐々にその傾向も変わりつつあります。

私のフォロワーさんにも20代から投資を始めている方が多くいらっしゃって、驚くと同時に嬉しく感じます。

 

投資には人によって様々なスタイルがあり、自分に合っているやり方を見つけるのも成功する上で重要な要素です。

他の方の考え方に触れることでより柔軟な思考も身に付くと思います。

これからも個人投資家さん同士でどんどん情報共有をして、投資界隈を盛り上げていきたいですね!

関連記事

リスクの捉え方は人それぞれです。最適な貯蓄と投資の割合を紹介しています。

貯金と投資の最適な割合はどれぐらい?投資を始めるときに一番に悩むのが貯金からいくら投資にまわすのかということです。この記事では平均的な日本人の貯蓄:投資割合や年代別に最適な割合を紹介していきます。...

この記事が良いなと思ったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

 

ABOUT ME
はるまき
年齢 : 30代前半 性別 : 男 職業 : IT企業勤務、日本株投資家、初心者ブロガー Love : 水泳、テニス、英語、投資に関すること 時は人生100歳時代!お金にまつわるあれこれを20代、30代の目線から真剣に考えていきたいと思います!